• 安いセラミックによる治療の目次

     

     

     

     

    1本の歯を周囲の歯の色に合わせる

    変色して黄色っぽくなってきた右上の前歯1本を周囲の歯の色に合わせる事を希望して来院されました。

     

    変色してきた理由は、中の神経が噛みしめによって死んでしまったからです。

    先ずは根の治療をして土台を立てました。

    歯質が十分に残っているのでファイバーコアを選択しました。

    ファイバーコアはオールセラミックで治療する場合、色の再現性が高い土台です。

    後はいつものように仮歯を装着して患者様の好みの形に調整します。

     

    右上前歯にジルコニアセラミックのクラウン1本セットしました。

    ¥49,000円(税別)

     

     

     

    左上前歯をセラミック矯正で揃える治療

    左上前歯の歯並びを揃える事を希望して来院された患者様です。

     

    左上犬歯は内側に入れて、側切歯は外側に出すようにクラウンを被せます。

    一般的に歯を削る量が多い程内側に入れる事ができます。

    その為、神経が残っている歯を内側に入れる場合は神経を取って、ファイバーコアを立てて治療を進めます。

    今回、内側に入れる犬歯には神経が残っていた為、『神経を除去して治療をするか』それとも『神経を取らない範囲で治療をするか』お尋ねしたところ『神経を取らずに治療したいという事でした』

    左上前歯2本を削って仮歯にします。

    患者様好みの形に調整します。

     

    イーマックスのクラウン2本セットしました。

    ¥98,000円(税別)

     

     

    上前歯4本の隙間と形の改善

    以前治療したメタルボンドによるすきっ歯と4本の歯の長さをそろえる事を希望して来院されました。

    拝見致しますと丁寧な治療を受けられたご様子がわかります。

    約20年前に治療を受けられたとの事ですが、メタルボンドを外して土台の歯を確認したところ神経を保護する為の処置がきちんと施され、不幸にして抜髄になってしまった歯には適合性の良いメタルコアが装着されていました。

    歯の削り方も必要最小限、少しでも多く患者様の歯質を残そうとしています。

    隙間が出来てしまったのは経年変化による顎堤の退縮によるものですから仕方無いところです。

    これから当院で製作するオールセラミックのクラウンも、このメタルボンドのような経過を辿ってもらいたいと思う次第です。

    上前歯にジルコニアセラミック4本セットしました。

    ¥196,000円(税別)

     

     

    上の前歯を全体的にキレイにする事を希望して来院されました。

    以前治療したメタルボンドの白い歯があまりキレイに見えず、形や色をもっと左右対称の白い歯にしたいという事でした。

     

    メタルボンドの装着されている歯の付け根部分は虫歯にもなっていて場合によっては土台からやり替える必要があります。
    カウンセリング時にその事を御説明しますと、『時間がかかってもきちんとした治療をしてもらいたい』と了承が得られました。
    土台の歯が明らかに虫歯になっている場合、当医院では根の治療をお勧めしています。
    多少時間がかかるかもしれませんがそのほうが結果的には患者様にとって良いと思うからです。
    今回は18金のメタルコアで土台を立てました。
    オールセラミックと相性が良いのはファイバーコアですが、一定の条件を満たしていない土台の歯にファイバーコアを使用すると耐久性に問題が生じる事があります。
    耐久性もありオールセラミックの発色も良くなるのは18金のメタルコアです。

    ジルコニアセラミックのクラウン5本セットしました。
    ¥245,000円(税別、コア代別)

     

    上前歯3本のブラックマージンの改善を希望して来院されました。

    以前装着したオールセラミックと土台の歯とのつなぎ目が茶色くなってきたのでやり替えたいという事で来院されました。

     

    真ん中から左上前歯に3本ブリッジが装着されていて、右上前歯に1本のオールセラミックが装着されています。

    はずした所すべての土台の歯にファイバーコアが築造されていました。

    ブラックマージンの原因になっている部分を丁寧に削り取り、4本の仮歯を入れます。

    この時少し深めに削る事がポイントになります。

    深く削るとどーしても歯茎の形態が変わってしまいますので、仮歯を使って歯茎の形態を整える事が必要です。

     

    右上前歯にジルコニアセラミックの3本ブリッジ、左上前歯にジルコニアセラミックのクラウン1本セットしました。

    ¥196,000円(税別)

     

    左上前歯2本が痛い

    左上前歯2本の神経が、噛みしめによって死んでしまった歯にセラミックの歯を被せる治療です。

    最近は虫歯でなくても、今回のように強い力が歯に加わる事によって神経が死んでしまう症例が多数見受けられます。
    その場合強い痛みが出る時もあれば、全く痛みが無く歯の変色が気になって歯科医院を訪れたら神経が死んでいた。という事もあります。
    神経の治療は歯の裏側から穴を開けて治療しますので見た目の変化はなく治療が進みます。
    神経の治療をした歯にセラミックの歯を被せる場合、土台を立てる必要があります。
    イーマックスやジルコニアのクラウンを被せる場合、金の土台かファイバーコアの土台が相性がよく色も綺麗です。

    左上前歯にイーマックスのクラウン2本セットしました。

    ¥98,000円(税別)

     

    上前歯2本の縁の破折を揃えるようにセラミックを被せる

    前歯で咬んでいたら上2本の前歯の縁が欠けてしまった為、キレイに治したくて来院されました。

    今回治療するにあたり、

    ①前歯2本の歯が他の歯に比べて大きいので小さくしたい。

    ②両隣の歯が少し内側に入っている感じがするので、前歯4本の長さと膨らみを揃えたい。

    ③歯の色をもっと白くしたい。

    という希望がありました。

    4本の歯の大きさや形を揃える場合、小さいほうの歯を大きくしたり、長さを長くしたりすることはそれほど難しくありませんが、神経が残っている歯を小さくしたり、長さを短くする場合、中の神経が出てこないようにして削る必要があり、今回の治療の最も注意する点になります。

    4本とも仮歯にして、患者さん好みの形にして、型を取ってセラミックの歯の完成です。

     

    上前歯にジルコニアセラミックのクラウン4本セットしました。

    ¥196,000円(税別)

     

セラミック治療専門審美歯科 矢田クリニックCeramic Dentistry Yada Clinic

初診相談/お問い合わせはこちらから

03-3239-2757お電話受付は診療時間中のみ

診療時間平日午前9:30-13:30(最終受付12:50)
平日午後15:00-19:00(最終受付18:20)
土曜 9:30-13:30 / 日祝 休診

東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4番出口より徒歩5分 東京メトロ有楽町線「麹町駅」3番出口より徒歩1分

〒102-0084 
東京都千代田区二番町11-9
花ビル1F