東京都千代田区の審美歯科・矢田クリニックではオールセラミックによるセラミック矯正を行っています。

セラミック矯正により、出っ歯、すきっ歯、八重歯などの歯並びを短期間で改善して白い歯にします。

セラミック治療のご案内メニュー
オールセラミック治療の品質、価格、費用
オールセラミック治療の素材の種類
オールセラミック治療の流れ
セラミック矯正・ラミネートべニア
オールセラミック治療カウンセリングの流れ
オールセラミック治療の費用のお支払いにご利用頂けるクレジットカード
オールセラミック治療専門 審美歯科・矢田クリニックのサイトマップ
オールセラミック治療専門 審美歯科・矢田クリニックのスマホ専用サイトのQRコード
オールセラミック矯正について
 セラミック矯正は歯列からはみ出した歯を抜いたり、傾きのバランスが悪い歯を削ったりします。その後にセラミック製のクラウンやブリッジを被せて歯並びを綺麗にする治療方法です。
通常の矯正治療よりも比較的少ない通院期間で綺麗に歯並びを改善して白い歯にします。
オールセラミック矯正のメリット
オールセラミック矯正のデメリット
【ワンポイントアドバイス】
セラミック矯正では、健康な歯を削り、歯の神経を除去することもあります。
こうした事に抵抗を感じる方は、治療期間は長くなりますが通常の矯正治療も検討することをお勧めします。
クラウンによるオールセラミック矯正治療
ブリッジによるオールセラミック矯正治療
オールセラミック矯正では 、クラウンでは歯を削る。ブリッジでは抜歯をする。また神経を取る場合がある。
オールセラミック矯正で対応できるおおよその条件
セラミック矯正で対応できるおおよその症状
出っ歯(上顎前突)はセラミック矯正で対応可能。 すきっ歯(空隙歯列)はセラミック矯正で対応可能。
八重歯(乱ぐい歯・叢生)はセラミック矯正で対応可能。 交叉咬合はセラミック矯正で対応可能。
セラミック矯正で対応できない症状
セラミック矯正を検討している方へ
 セラミック矯正と一般的な矯正治療を比べた場合には、どちらにもメリットとデメリットがあります。
そのため短期間に綺麗な歯並びと白い歯を手に入れたい方はセラミック矯正で治療することを検討してください。

また絶対に健康な歯を削ったり、神経を取ったりするのは「嫌だ!」という方は一般的な矯正治療を選択されるのが良いと思います。
セラミック矯正の価格・治療費・治療期間について
★使用素材:イーマックス(e-max)またはジルコニア
※使用素材の詳細はこちらをご覧ください。

★価格:49,000円/1本

★治療費用:
・1回の通院につき1,500円〜2,500円(健康保険適用)
・抜歯費用が別途必要となる場合があります。
※価格、治療費用の詳細はこちらをご覧ください。

★治療期間の目安:約6ヶ月程度
※患者様の歯列と口腔内の状態により治療期間は異なります。
セラミック治療のカウンセリングについて
ラミネートべニアについて
 ラミネートべニアは、歯の表面を1ミリぐらい削り、付け爪みたいなもの(べニア)を接着剤で歯に付けます。クラウンやインレーなどとは異なります。

元々はホワイトニングで歯を白くする効果が今ほど得られなかった時代に、歯を白くする為の手段としてラミネートべニアが使用されていました。

本来ラミネートべニアは歯の形を変えたり、歯並びを綺麗にするといった歯列矯正を目的として行う治療ではありません。
ただし、適応症がかなり限られますが歯並びが改善する場合もあります。
※ラミネートべニア=以下、べニア
ラミネートべニアのイラスト解説
ラミネートべニアを使用する目的は、天然の歯の色を白くするため。
自分の歯の色を今よりもさらに白くしたい時に使用します。
ただし、現在のホワイトニングは歯を白くする効果が高いため、自分の歯を削る事なく、加齢による黄ばみを除去して自然な感じの白い歯を望む方は一度ホワイトニングを試してください。
ラミネートべニアの特徴は、白い歯になる。
ラミネートべニアの3つのデメリット
ラミネートべニアで対応できるおおよその条件
ラミネートべニアによる矯正効果について
 本来ラミネートべニアは歯の形を変えたり、歯並びを綺麗にするといった歯列矯正を目的として行う治療ではありません。
しかし、下記の症状で軽微なものであれば歯並びが改善する場合もあります。
軽微な舌側傾斜やすきっ歯(正中離開)などの症状。
ラミネートべニアを検討している方へ
 ラミネートべニアは本来、歯並びを改善する為に開発された治療方法ではありません。元々はテトラサイクリンという抗生物質の副作用により変色した歯の色を白くするために開発されました。
材質はセラミックであるためラミネートべニア自体は変色もせず綺麗です。

しかし歯の表面に接着剤で張り付けてあるだけなのでラミネートべニアに噛む力が加わると簡単に取れてしまいます。
多少力が加わっても取れないようにする方法としては、歯を削る時に歯の表面だけではなく少しだけ歯の裏側も削るようにします。
こうすることによってクラウンと同じような使い方ができるようになってきました。

ただし厳密に言えば、歯の裏側を削っていますので、ラミネートべニアではありません。この場合には“ハーフクラウン”という表現が適切かもしれません。

 歯は理由があってその場所に生えています。
そのすべての理由を的確に診断することは難しいのですが、歯並びを変える時にはその理由の許容範囲内で行われる必要があります。

明らかに無理があるのにも関わらず強引に歯並びを変えると破折、脱離、痛みなどの副作用が発生しやすくなります。
ラミネートべニアによって改善できる歯列不正はかなり限られますが、軽微のすきっ歯(正中離開)は改善できる可能性があります。
ラミネートべニアの価格、治療費、治療回数について
★使用素材:イーマックス(e-max)
※使用素材の詳細はこちらをご覧ください。

★価格:49,000円/1本

★治療費:1回の通院につき1,500円〜2,500円(健康保険適用)
※価格、治療費用の詳細はこちらをご覧ください。

★治療回数の目安:
 1本=3回
 2本=4回
 3本=5回
 4本=6回
〒102-0084
東京都千代田区二番町11-9 花ビル1F
オールセラミック治療専門
審美歯科・矢田クリニック
東京メトロ有楽町線「麹町駅」3番出口より徒歩60秒
東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4番出口より徒歩5分
駐車場有り(1台)
新宿駅や東京駅から10分〜15分でアクセス可能なセラミック治療専門の審美歯科・矢田クリニックには、都内だけでなく千葉県、埼玉県、神奈川県(横浜市)など都外からも来院される患者さんが多数いらっしゃいます。
このページのトップへ戻る
東京都千代田区麹町駅 オールセラミック治療専門 審美歯科・矢田クリニック